ライフデータ

Special life data.

妻が結婚相手に求めるもの・トップ5

      2015/11/14


心理カウンセラー・ラッキー

夫婦円満のカギをにぎるのは、「妻の幸せ」

奥さまの心が、じゅうぶんに満たされていれば…

いざこざやケンカなんて、そうそう起きないものです。

20151114fuufu

そこで今回は、『妻が結婚相手に求めるもの・トップ5』をご紹介いたします。

女性が求めるものをシッカリと理解して、「素敵な夫」を目指してくださいね!

スポンサーリンク

 

妻が結婚相手に求めるもの・トップ5

今回ご紹介する「妻が結婚相手に求めるもの」は…

夫婦問題にくわしい心理学者ウィラード・ハーリ博士が、数々の経験と調査から導きだしたものです。

 

①愛情表現

妻が夫に、もっとも強く求めるものは、「夫に愛されているという実感」

そのために必要なものが、「愛情表現」です。

  • 手をつないで歩く
  • キスをする
  • 記念日の贈り物
  • 愛の手紙
  • 優しい言葉がけ
  • ほめ言葉

などなど。

これらはどれも、日本人男性が苦手とすることばかりですね。

 

しかし…

他の夫たちがやらないからこそ、価値がある!

 

日本の女性にとって、「愛情表現できる男性」には希少価値があるのです。

「キザなことは、恥ずかしくてできない」という気持ちもあるかもしれませんが、恥ずかしさを乗り越えて、行動する勇気も大切です。

妻が求めているのは、「キザな夫」なのですから。

 

②会話

●話を聞いてくれない

●話しかけても、面倒くさそうな顔をする

このような態度は、妻にとって最悪です。

 

男性は「1日に2000~4000語」を話すのに対し、女性はその2倍以上の「6000~8000語」を話すといわれています。

「会話」は、女性にとって何よりもの楽しみであり、ストレス解消法なのです。

 

妻は、嬉しかったこと・悲しかったこと・イライラしたことなどなど、「今日あったこと」のすべてを聞いてほしい。

その気持ちを満たしてあげられるのが、「聞き上手な夫」です。

 

③誠実さ

女性のいう「誠実さ」には、ものすごく深い意味があります!

 

「誠実」を辞書で引くと、「まじめで、真心があること」とあります。

ならば、「ただただマジメで優しければいいのか」というと、そうではありません。

 

女性が求めている誠実さとは、「くそマジメ」ではなく、「男らしいのにマジメ」。

「男性的魅力」+「まじめで優しい」でないと、本能的に魅力を感じないのです。

 

男性的魅力とは…

  • 真があってブレない
  • 肉体的にたくましい
  • 顔がかっこいい
  • ちょっと欠点がある

などなど。

男性的魅力があって、はじめて「マジメさ」が生きてきます

どれだけ強く光っても「昼間のイルミネーション」では、ときめかないのです。

女ごころって、難しいですね!

 

④経済的安定

女性には太古の昔から、「家庭を守らなければならない」「子どもを育てなければならない」という本能がそなわっています。

そのため、経済的安定を強く求めます。

 

とはいっても…

現在のような不況の時代、いつ倒産やリストラにあうかわかりません。

経済的安定を求められたら、夫はつらいですよね。

 

そんなときにモノをいうのが、「夫婦の絆」です。

 

二人の絆が強ければ…

「苦しいから、パートに出てくれるかな」

「節約してくれるかな」

というお願いも、すんなり受け入れてくれることでしょう。

女性はそんなとき、驚くほどチカラを発揮してくれます。

 

しかし、夫婦の絆がなければ…

「金の切れ目が、縁の切れ目」になってしまうかもしれません。

 

⑤子どもとの交流

母親だけで、子育てはできません。

母親は「愛情をそそぐ存在」であり、

父親は「しつけや遊びを教える存在」であるべきです。

 

ところが…

仕事一筋の男性の中には、「子育てのすべてを妻に任せっぱなし」という人も少なくありません。

そして、そんな男性の決まり文句は、「おまえのしつけが、なってないからだ!」。

これでは、奥さんに嫌われて当然です。

 

休みの日には、子どもとキャッチボールをしたり、釣りに行ったり。ときには、きつく叱ったり。

そんな「父親としての夫」をみたときに、妻はあらためて惚れなおすのです。

 

「妻が結婚相手に求めるもの」のまとめ

現在の日本では、離婚や家庭内別居が増加しています。

その原因をつくるのは、ほとんどが「夫」。

外では「いい人」でいられるのに、家族の前では自制できなくなる。

文句や皮肉をいう相手が、決まって「家族」というのは、とても淋しいことです。

 

「あれは違う、これは違う」と文句を言いたくなる気持ちもわかります。

しかし、現代の夫に求められているのは、「論理的な男」ではなく、「人間的な男」。

女性の気持ちがわかる男が、求められているのです。

 

女性は本能的に、「夫を愛したい!」という気持ちが強くあります。

「愛される夫」になるために、まず必要なのは「妻の気持ちを理解する」ことです。

それを知ったあなたは、もう大丈夫!

あとは実践するだけです。

 

「愛される夫」になれば、夫婦円満も家庭円満も、約束されたようなものです。

 

最も身近な人を幸せにすることは、最も難しいことであり、最も価値のあることである

(宇野千代)

 

以上、『妻が結婚相手に求めるもの・トップ5』でした。

【参考文献】
頭のいい夫婦 気くばりのすすめ―ちょっとしたコツですれ違い解消!!

 

こんな記事もありますよ
【離婚原因】なぜ『性格の不一致』になってしまうのか?

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク

 - 夫婦