ライフデータ

Special life data.

「旦那が嫌い!別れたい!」と思ったときの5つの選択肢

   


心理カウンセラー・ラッキー

「旦那とうまくいかない…、イライラする!」

「大嫌い!もう別れたい!」

20151108iraira

そんなときに「離婚するか、離婚しないか」の二者択一で考えてしまうと、どちらをとっても自分が不幸になるケースが多いものです。

そこで、今回の記事では『離婚したいと思ったときの5つの選択肢』をご紹介いたします。

「どの道を選べば、自分が幸せになれるのか」を、一度じっくり考えてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

 

離婚したいと思ったときの5つの選択肢

①とりあえず別居する

別居すると、「旦那がどういう存在なのか」がクッキリと見えてきます。

「経済的に支えてもらっていた」と感じる人もいるでしょうし、

「ただ単にイヤな奴だった」と感じる人もいるでしょう。

もちろん、旦那側も同じように、いろんなことを感じることでしょう。

 

そして、心が整理できてきたら、「話し合いの場」をもつことが肝心です。

●「別居して感じたこと」を腹を割って話し合う

●それを踏まえて「この先、どうしていくのか」を考える

そうすることで、二人にとっての「最善の道」が見えてくるはずです。

 

ただ、子どもがいたり、経済的に困っているのなら、そう簡単に別居できるものではありません。

そんな場合は、別の選択肢を考えてみましょう。

 

②条件がそろってから離婚する

女性が離婚をためらう主な理由は、「経済的な心配」「子どものこと」

その2つを解決して、計画的に離婚するという道もあります。

●子どもが大きくなったら離婚する

●手に職をつけてから離婚する

●旦那が退職金をもらったら離婚する

などなど。

 

イライラが爆発し衝動的に離婚したら、「もっと不幸になってしまった…」というのでは悲しいですからね。

離婚にも、ある程度の計画が必要です。

 

③今すぐ離婚する

旦那の借金・暴力・浮気などで、耐えがたい日々を送っているのなら、「今すぐ離婚する」というのも1つの選択。

その決断を下すための、1つの目安があります。

それは…

離婚後を想像してみて、「今よりも明るい未来」が描けるかどうか

「今よりも明るい未来」をありありと想像できるのなら、きっとその通りになるでしょう。

想像が難しいのなら、先述しました「②条件がそろってから離婚する」のほうが良いかもしれません。

 

④割り切って、自分の生活を楽しむ

「旦那にほとほと手を焼いている。なのに、いくら言っても旦那は変わってくれない…」

そんな場合は…

「離婚せずに、自分の生活を楽しむ」という選択肢もあります。

「私は私、夫は夫」と割り切って、心の距離をとるのです。

●夫が不機嫌でも、いちいち反応しない

●言い争いはしない

●兆発に乗らない

そして、家事は淡々とこなし、自分の時間を楽しむ。

 

すこし寂しい気もしますが…

「経済的な心配」「子どものこと」で離婚できないという場合は、最善策かもしれません。

 

⑤もう一度、関係修復を目指す

離婚を本気で決意したときこそ、関係修復のチャンス。

腹を決めた人間は、ものすごく強いですからね。

 

ダメ元でもいいですから、離婚届を突きつけるその前に、「自分の主張」を率直に相手にぶつけてみることです。

「わたしは離婚しようと思っています。あと1週間であなたに変化がないのなら、ここにハンコを押してもらいます」と。

 

これでも旦那が変わらないのなら、関係修復は不可能でしょう。

変化の兆しがあれば、もう少し猶予を与えてもいいかもしれません。

 

なぜ、旦那が変わってしまったのか?

「昔の彼は、もっと優しかった…」となげく奥様も多いものです。

なぜ、旦那は変わってしまったのでしょうか?

その理由は、主に2つ。

①安心感

②甘やかしすぎ

①安心感

夫婦とはいえ、男女の関係を保つには「いい緊張感」が大切です。

まだお付き合いをしているころの夫は、「逃げられたくない」という緊張感が少なからずあったはず。

しかし、結婚して子どもができると、旦那は「もう大丈夫」と安心してしまいます。

釣った魚にはエサをあげない、というわけです。

そうならないためにも「いい緊張感」はとても大切!

結婚後も「いい緊張感」を保つには、まずは奥様がオシャレでいることが必須。

忙しくて、なかなか自分のことまで手が回らないとは思いますが、「女らしさを失わない努力」はいろんな意味で大切です。

②甘やかしすぎ

基本的に男性は、「甘やかせば つけ上がる」もの。

奥様が何でもやってあげると、「自分の脱いだ靴下を洗濯機に入れる」ことすら、できなくなってしまいます。

男性はよく「優しい女性が好き」と言いますが、その「優しい」とは「甘やかすこと」ではありません。

実は、「おかあちゃん」みたいな存在を「優しい」と思っているのです。

遅刻しそうなら、ケツを叩いて起こしてくれる。そんなことに「愛情」を感じるのです。

旦那が変わってしまった原因が「甘やかしすぎ」であれば、これからは「おかあちゃん」のような存在を目指しても良いかもしれませんね。

 

以上、『「旦那が嫌い!別れたい!」と思ったときの5つの選択肢』でした。

こんな記事もありますよ
【離婚原因】なぜ『性格の不一致』になってしまうのか?

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク

 - 夫婦