ライフデータ

Special life data.

初対面の人と仲良くなる会話方法5つ

      2015/10/07


心理カウンセラー・ラッキー

初対面の人と会話をすることは、誰だって緊張するもの。

20150611hazu

そのため、話がギクシャクしてしまったり、沈黙してしまったり…。

「どうしたら初対面の人と仲良くなれるのだろう?」

そんな疑問を持っている方も多いと思います。

今回は、初対面の人と仲良くなる会話方法を5つご紹介させていただきます。

どれも、とても簡単な方法ですので、すぐに役立つはずですよ。

スポンサーリンク

 

初対面の人と仲良くなる5つの会話方法

①「相手の名前」を何度も口にして、相手を心地よくする

会話中に「相手の名前」を何度も口にすると、相手を”心地よく”することができます。

すると、心の距離が縮まり、あっという間に打ち解けた雰囲気をつくることができます。

“{‚è‚Ì‚¨‚΂¿‚á‚ñ

 

●挨拶であれば…

「初めまして!山田さん」

「山田さん、よろしくお願いします!」

「ありがとう!山田さん」

というように、前後に「名前」を付ける。

 

●会話中なら…

「そういえば山田さん、このまえ…」

「山田さん、ここだけの話ですけど…」

というように、意味もなく「名前」を挟む。

 

たったこれだけのことで、一気に心の距離が縮まります。

誰だって、気さくに名前を呼んでもらえたら、悪い気はしないもの。

自分の名前を親しげに呼んでくれるということは、どんなお世辞を並べられるよりも、ずっと心地いいものです。

一流のビジネスマンなどは、この『名前を呼ぶテクニック』を頻繁に活用するので、人の名前を覚えることにチカラを入れています。

 

②手を動かしながら話して「温かい」印象を与える

外国人は、手を動かしながら話をします。

20150611gaikokujin

あれって、すごく良いことなんです!

なぜなら、手を動かしながら話をする人は、「温かい人」という印象を相手に与えることができるからです。

20150611hato

反対に…

手を動かさずに話すと、「冷たい人」という印象を相手に与えてしまうことが、心理学の研究で分かっています。

つまり、話しながら手を動かすと、「私は温かい人ですよ」というメッセージが相手の心に届き、安心感を与えることができるのです。

 

「手を動かす」とはいっても…

外国人のようなオーバーアクションは必要はありません。

日本人の場合、オーバーアクションは不自然ですからね。

話しながら、胸の前で手のひらを上下させたり、両手を使って「形」を表現したりするだけで十分に効果があります。

20150611zesutya

 

③ミラーリングで、「安心感」を与える

『ミラーリング』することで、相手はこちらに「安心感」を抱いてくれます。

ミラーリングとは、「相手を真似る」こと。

相手の鏡になったつもりで、「身振り・手振り・口調」をそのまま真似ることです。

20150611kagami

相手がゆっくり話す人なら、自分もゆっくり話す

相手が飲み物を飲んだら、自分も飲む

このようにすると、相手は「話しやすそう」「気が合いそう」「なんとなく落ち着く」と思ってくれるのです。

これを、心理学で「ミラーリング効果」と言います。

ただ単に相手のことを真似するだけで、雰囲気が和み、自分の好感度も上がるわけですから、これを使わない手はありません。

 

④失敗談を話して、相手の心を開く

話を弾ませるコツは、相手の「心の壁」を取り除くこと。

そのためには、まず先に自分がオープンになることです。

それに役立つのが「失敗談」

失敗談を話すと、心の壁が崩れ、相手も心を開き始めます。

20150611sippaidan

心を開き合って話している時間は、とても幸せなもの

なので、自然と会話が弾み、心の距離も縮まります。

失敗談を話すコツは、事前にネタを用意しておくことです。

その場で考えても、なかなか出てきませんからね。

 

⑤相手に好奇心を持ち、会話を弾ませる

初対面の人と話していると、話題に困ることもあります。

そんなときは、相手に「好奇心」を持って接しましょう。

20150611koukisin

すると、自然と「良い質問」が出てきてきます。

「口」からではなく、「心」から出てきます。

 

この人は、何が好きなんだろう?

この人なら、どう思うのだろう?

この人の生い立ちは?

というように、相手に好奇心を持つ。

すると…

「ご出身は?」

「趣味は?」

「好きな歌は?」

「どう思います?」

といった質問が、山ほど浮かんできます。

それをそのまま、相手に尋ねてみる。

20150611situmon

すると、相手はいくらでも話をしてくれるものです。

 

自分の知っていることや、興味あることを質問されると、誰でも口かずが増えるもの。

そして、そこから話題も膨らみます。

話しに詰まったときは、相手に「好奇心」を持ち、質問を考えてみましょう。

 

会話も、ぶっつけ本番は難しい

ここまで「初対面の人と仲良くなる会話方法」を見てきました。いかがでしたか?

1つ1つは、とても簡単なことですよね。

ただ、自分自身がひどく緊張していたら、これらを実行することも難しいのではないでしょうか。

20150611kintyo

そんな方は、ぜひ「イメージトレーニング」を行なってください。

イメージトレーニングは、緊張を解くのにもっともすぐれた方法

事前にシミュレーションしておくことで、脳は「すでに一度経験した」と勘違いし、緊張が小さくなります。

また、話すネタを事前に用意しておくことも、緊張感を和らげる秘訣です。

 

「初対面の人と仲良くなる会話方法」まとめ

最後に「初対面の人と仲良くなる会話方法」をまとめておきます。

これらを実行することで、初対面でも良い雰囲気で会話を続けることができるはずです。

 

①相手の名前を何度も口にして、相手を心地よくする

②手を動かしながら話し、「私は温かい人ですよ」というメッセージを送る

③ミラーリング(鏡のように真似る)で、安心感を与え、雰囲気を和ませる

④失敗談を話して、「心の壁」を取り除くき距離を縮める

⑤相手に好奇心を持ち、良い質問で会話を弾ませる

 

以上「初対面の人と仲良くなる会話方法5つ」でした。

こんな記事もありますよ
初対面で好印象を与える◇簡単な7つのコツ

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク

 - 人間関係