ライフデータ

Special life data.

【天才!秋元康に学ぶ】成功者の考え方4つ

      2015/10/07


心理カウンセラー・ラッキー

成功への近道は…

まずは成功者の考え方を知り、それをそのまま真似ること。

真似を続けていれば、それが習慣となり、やがて「自分のもの」となります。

今回は、天才プロデューサー・秋元康さんに学ぶ「成功者の考え方」を4つご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

秋元康に学ぶ、成功者の考え方4つ

出典

①成功者は「根拠のない自信」を持っている

成功者の共通点は、「根拠のない自信」を持っていること。

彼らは、「私ならできる」「俺はツイてる」と心の底から思っています。

アメリカの国勢調査でも、根拠のない自信を持っている人たちの方が、「収入と地位が高い」ということが判明しているそうです。

秋元さんも、キッパリとこう言い切っています。

アイドルにもビジネスにも、必要なのは根拠のない自信

AKB48じゃんけん大会でも、「私はじゃんけんが強い!」という根拠のない自信を見ているらしい。

では、なぜ「根拠のない自信」が大切なのか?

それは、「努力さえすれば、夢が叶う」ということを信じられ、「やる気」が湧いてくるからです。

下の2つのケースで、あなたはどちらの方が「やる気」が湧いてきますか?

A 激辛ラーメンを10分で完食したら、抽選で1名様に百万円プレゼント

B 激辛ラーメンを10分で完食したら、全ての方に百万円プレゼント

もちろん、Bですよね!

「やれば、叶う」ということを信じられれば、イキイキと努力を続けられるわけです。

それでは、どうしたら「根拠のない自信」を身に付けられるのでしょうか?

それは、「私はツイてる」「僕はツイてる」という言葉を、根拠もなく使うことです。

これは、アファメーションという自己暗示法。

「私はツイてる」と何度も繰りかえし口にしていると、脳が勘違いして「本当にツイている」と思い込んでしまうのです。

秋元さんには、こんなエピソードもあります。

ホテルにタクシーが停まって、ドアを開けて降りた瞬間に、犬のフンを踏んだんです。僕はこれに感動したんです。(中略)

たったひと通りしかない、このウンコを踏む確率に、僕はしばらく感動して本当に動けなかったですよ。

「秋元康の仕事学(NHK出版)」より

犬のフンを踏んでも、「僕はツイてる」と思うことができる。

ここまで出来れば、あなたはもう「成功者の仲間入り」かもしれません。

秋元康に学ぶ、成功者の考え方①

「俺はツイている」という根拠のない自信をもっている。

 

②成功者は、好奇心が強い

どんな成功者も、間違いなく「好奇心」が強い。新しいものを見つけると、すぐに試したくなるのです。

秋元さんも「好奇心」について、こう語っています。

喫茶店のメニューも、さまざまである。なかには、見たことも味わったこともないものが並んでいてりする。たとえば、「黒ザクロジュース」とか「カシス紅茶」とか「ルアック・コーヒー」とか、変わった名前の飲み物が載っていたりする。

そういうものに興味をもって、一度頼んでみようかという人間は、伸びるタイプだと思う。

「企画脳(PHP文庫)」より

「成功者は、好奇心があって挑戦的だ」と秋元さんは言っているのでしょう。

裏を返せば、「好奇心を持って挑戦しなければ、成長することはない」ということ。

うちの近所に、市営の動物園があるのですが、30年前とほとんど変わっていません。これも、公務員の「挑戦しない体質」が原因なのでしょう。

身体の栄養と同じで、大きく成長したかったら「好き嫌い」を言わず、何でも取り入れることが肝心。そのために必要なのが「好奇心」です。

秋元康に学ぶ、成功者の考え方②

好奇心を持って、なんでも試してみる。

 

③成功者は楽天的

成功者は、失敗を気にしない。むしろ、失敗を楽しんでいるように見える。

エジソンが電球の発明をするまでに、2万回近くの失敗を繰り返したのは有名な話。

そのことについて、エジソンはこう考えています。

わたしは今までに一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ。

成功者は、常に楽天的で、「ものごとの明るい側面」しか見ないもの。

一見、「強がり」に感じるかもしれませんが、そうでもなさそうです。

秋元さんも、失敗について こう述べています。

僕は楽天的で、失敗も含めて楽しんでいる。作品が思うようにヒットしなかったり、狙いが当たらなかったりすることはあるけれど、深刻にならない。

「AERA 2013年4月29日号」より

秋元さんは、「美空ひばり・おニャン子クラブ・AKB48」の3安打。その裏には、数えきれないほどの三振があったそうです。

だけど、失敗しても悩まない。

なぜなら、「次はどの作戦でいこう?」と未来に目を向けているからです。

成功者は、「悩む」のではなく「考える」。

そうすることで、落ち込んでいる暇もなくなってしまうのです。

秋元康に学ぶ、成功者の考え方③

成功者は楽天的で、失敗すら楽しんでいる。

 

④成功者は「目標」を変更する

成功者は「一度決めた目標をやり遂げる」というイメージがありますが、実はそうでもない。

意外にあっさりと、目標を変更していきます。

ソフトバンクの孫正義さんも、そんなタイプ。

最初は、コンピュータの本体(ハード)に挑戦したけど大失敗。「だったらソフトだ!」ということで、ソフトバンクを設立。

しかし、今となっては「携帯電話会社」がメインとなっています。

日本たばこ産業株式会社(JT)が、冷凍食品の販売をはじめたのも、そういうことですね。

秋元さんも、「柔軟に目標を変えるべきだ」と力説しています。

人は成長するし、環境も変わる。例えば作詞家になりたいと頑張ってきたけれど、ある時「自分がなりたいのは翻訳家だ」と気付いたとする。

前より成長した自分が思うのだから、柔軟に目標を変えるべき。たとえ方向転換しても、今までの努力は必ず役に立ちます。

「an・an 2007年10月3日号」より

人生の中で、もっとも多くの経験を積んだ時期は「今現在」。

今現在の自分が考えることが「いちばん正しい」ということです。

「なんかこの道、間違ってるかも?」と感じたら、すぐにルートを変える。それが、道に迷わないコツなのでしょう。

秋元康に学ぶ、成功者の考え方④

成功者は、柔軟に目標を変更する。

 

「秋元康さんに学ぶ、成功者の考え方」まとめ

いかがでしたでしょうか?

成功者の考え方を4つ見てきましたが、ひと言でいえば「気持ちに余裕がある」ということでしょうか。

最後に、「成功者の考え方」をまとめておきます。

「この人生に勝負をかけてやる!」とやる気がみなぎっている方は、ぜひお役立て下さい。

 

①「俺はツイている!」という根拠のない自信をもっている

② 好奇心を持って、なんでも試してみる

③ 楽天的で、失敗すら楽しんでいる

④ 柔軟に目標を変更する

 

以上「【天才!秋元康に学ぶ】成功者の考え方4つ」でした。

こんな記事もありますよ
部下のやる気を引き出す4つの方法◇賢い上司の知恵

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク

 - 成功法則