ライフデータ

Special life data.

人付き合いに疲れる人の特徴4つ

      2015/10/07


心理カウンセラー・ラッキー

「人と話すだけでグッタリ」

「通勤電車に乗るだけでゲッソリ」

人付き合い疲れる人は、「他人が近くにいる」というだけで心が疲れてしまい、肉体的にも疲労していきます。

20150608tukin

それに対して、人付き合いが得意な人は、人とのコミュニケーションによってストレスを発散し、まずます元気になっていきます。

ƒvƒŠƒ“ƒg

今回は、「人付き合いに疲れる人の特徴」を4つお伝えいたします。

あなたにピッタリの「人付き合いが楽になるヒント」が、きっとここで見つかるはず!

ぜひ、最後までお読みください。

スポンサーリンク

 

人付き合いに疲れる人の4つの特徴

1.他人が近くにいるだけで緊張する

満員電車・街の人ごみなど、他人が近くにいると疲れてしまうのは、誰にでもあることです。

しかし、人付き合いで疲れやすい人は、その度合いが違います。

20150608guttari

他人に話しかけられるだけでも緊張してしまったり、友達の話を聞いているだけでもクタクタに疲れてしまったり…。

いったい何が原因で、こんなに緊張してしまうのでしょうか?

 

それは、人への安心感がないからです。

通常「人への安心感」は4歳ぐらいまでに身につけるもの。

20150608dakko

しかし、親から「十分過ぎるほどの愛情」を与えられないと、人への「不信感」が残ってしまいます。

その心の底にある「不信感」の影響で、人といると緊張してしまいリラックスできないのです。

この不信感を拭うことは、非常に難しいといわれています。

とはいえ…

方法がないわけでもありません!

 

その方法は、「人の欠点ではなく、長所を見る」こと。

人への不信感が強い人は、他人の欠点ばかりに目が行きがちです。

20150913musi

しかし、人は誰でも、その人なりに一生懸命に生きていて、どんな人にも長所や美徳があるものです。

たとえば…

嫌いな人が目の前にいたとしても、

「あいつも、あの性格で生きていくって大変だろうなぁ、頑張ってるんだよなぁ、偉いよなぁ」と長所を見つけることができます。

人の長所を見るクセをつけると、少しずつ人間が好きになり「人への安心感」が芽生えてきます。

人の長所を見ることは大変難しいことですが、「人への不信感」を払拭できる唯一の道です。

 

2.自分の意見が言えない

人付き合いで疲れやすい人は、とても謙虚に見えます。

なぜなら、「自分の意見を率直に言わない」からです。

●「山より海のほうがいい!」と言えずに、「僕はどっちでもいいよ」と答えてしまう

腹が立つことがあっても、表情に出すことなく「別に気にしてないよ」と言ってしまう

パーティーでも、楽しくないのに楽しそうに振る舞ってしまう

このように、はっきりと自己主張せず、いつも相手に合わせてしまいます。

Print

 

相手に合わせるという行為は、言いかたを変えれば「いつも我慢している」ということ。

つまり、人と一緒にいるときは、いつも「我慢のしっぱなし」なのです。

だから、人付き合いが苦痛で仕方がない。激しいストレスになる。

そして最終的には、人と会うことを避けるようになり「なんとなく暗い人」になってしまいます。

20150608kurai

 

また、「あんなに良い人間が、こんな事件を起こすはずがない!」というニュースをときどき耳にします。

こういう人がまさに、相手に合わせ、自分の意見が言えないタイプ。

心の底に積りに積もった不満が一気に爆発して、事件を起こしてしまうのです。

20150608kireru

 

日本人は、「自分の意見を言わない」ことを美徳と考えがちですが、精神衛生上、良いことではありません。

もしも、あなたがこのようなタイプなら、相手の反応を気にせず「ちょっと図々しいかな?」と思うぐらいの態度で生きてみてください。

それぐらいが、人として丁度いい、ストレスを溜めすぎない生き方です。

 

3.本当の自分を隠している

人付き合いで疲れやすい人は「本当の自分」を隠しながら生きているケースが多い。

「バカにされる」ことを恐れて本音を言えない。

自分が緊張していることを「人に気付かれやしないか」と平静を装う。

このように、いつも自分を隠し、背伸びをしているので当然疲れてしまいます。

20150608nigawarai

このようなタイプの人は、いつも自分が試されているような気がしてしまい、人前にいると気が休まるときがありません

 

ではなぜ、本当の自分を隠すようになったのでしょうか?

その原因のほとんどは、子供時代の「親からの影響」です。

「泣くな!」「成績が悪い!」「何でできないんだ!」などと怒られて育った子どもは、「そのままの自分では愛されない」と勘違いしたまま大人になってしまう。

20150608sikaru

「そのままの自分を出しても愛される」ということが信じられなくなってしまうのです。

そして、自分を良く見せたい気持ちが強くなり、人前ではいつも背伸びをしてしまいます。

 

これを改善するには…

まずは「そのままの自分を出してもいい」ということを信じること

そして、勇気を振り絞って「本当の自分」を出していき、成功体験を積み重ねることです。

まずは、「小さな失敗談」を話すことから始めるといいでしょう。

プリント

 

4.自分の弱点を話せる人がいない

人付き合いで疲れやすい人は、「自分の弱点を話せる人」がいない場合がほとんど。

つまり、「何でも話せる親友がいない」から、本音を話すことに慣れていないのです。

本音を言わなかったり、自分を隠していたりするので、親友ができないのは当然のことかもしれません。

 

しかし、親友はとても大切なもの。

人は「心の中の気持ち」を吐き出さないと、心の病気になってしまったり、突然事件を起こしたりする危険があるからです。

現に、人付き合いが苦手な人は、「うつ病になりやすい」と言われています。

また、親友がいない人は、「寿命が短い」とも言われています。

 

もしもあなたが、なんでも話せる親友がいないのなら、ぜひ、最初の一歩を踏み出してみてください。

ここまでにお伝えしたきた方法や、人間関係の本などを参考にして人付き合いを改善していけば、「なんでも話せる親友をつくる」ことはそんなに難しくないと思います。

 

人付き合いを楽にするために、今日からできること

ここまで「人付き合いに疲れる人の4つの特徴」を見てきました。いかがでしたか?

最後に「人付き合いを楽にするために、今日からできること」をまとめておきます。

ぜひ、普段の生活で役立ててください。

 

人の欠点ではなく長所を見ることで、人間を好きになる

相手の反応を気にせず「ちょっと図々しいかな?」と思うぐらいの態度で生きてみる

「そのままの自分を出してもいい」ということを信じ、「本当の自分」を出していく

上記を実践して、なんでも話せる親友をつくる

 

以上「人付き合いに疲れる人の4つの特徴」でした。

こんな記事もありますよ
タモリさんに学ぶ|ストレスを溜めない生き方10

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク

 - 人間関係