Special life data.

パソコン作業を早くする方法17選(Windows10)

パソコン作業を早くする方法17選(Windows10)

しあわせプロデューサー・ラッキー

 

「パソコン仕事をもっと効率化したい!」と、さまざまなパソコン時短術を試してきた結果…

 

「これは使える!」と生き残った方法が17個。

 

この記事で、まとめでご紹介させていただきます。

 

①パソコン自体を速くする方法

②設定で早くする方法

③操作で早くする方法

この順番でお伝えしていきます。

 

ちょっとしたワザを覚えるだけで、パソコンの仕事効率は劇的に早くなるものです。

自分に合った方法を、たった1つだけでもいいので見つけてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

パソコン作業を早くする方法

 

①パソコン自体を速くする3つの方法

 

「パソコン自体を速くする」のに効果が高かった方法は、この3つ。

●ディスククリーンアップ

●視覚効果を省く

●不要アプリのアンインストール

 

記事を書くにあたって、実際に「どれほどの効果があるのか」を実験してみました。

 

※ぼくの先代のノートパソコン(Windows10)を使用

※計測したのは「再起動からグーグルクロームが完全に立ちあがるまでの時間」

《実験結果》

作業前
4分55秒

↓↓↓

ディスククリーンアップ後
4分36秒

↓↓↓

視覚効果を省いた後
4分24秒

↓↓↓

不要なアプリのアンインストール後
3分42秒

 

パソコンの状態によって数値は変わってくると思いますが、確実に効果はありそうです。

感覚的に「パソコンが速くなった」と感じることもできます。

 

では、1つずつ簡単にご説明させていただきます。

 

●ディスククリーンアップ

 

ディスククリーンアップとは、文字どおり「ディスクのお掃除」。

ディスク内に溜まったゴミ情報を消去するお掃除ロボットです。

キャプチャ3

 

やり方は、こちらのサイトがわかりやすいと思います↓

Windows 10でディスククリーンアップを実行してディスクの空き領域を増やす方法

 

所要時間は、ゴミの量にもよりますが2~10分くらいでしょう。

 

 

●視覚効果を省く

 

まずは、下の2つの画像を見比べてみてください。

キャプチャ2

キャプチャ1

上の画像は、文字の下に「影」がありますね。

これが、視覚効果の1つ。

 

カッコいいけど、パソコン性能を圧迫します。

 

「こういうのは要らないよ」という方は、不要な視覚効果を省いてしましましょう。

想像以上にパソコンが速くなります。

 

やり方は、こちらのサイトがわかりやすいと思います↓

Windows 10で画面表示デザインやパフォーマンスの設定を変更する方法

 

ちなみに僕は、〔カスタム〕設定にして、以下の2つだけONにしています。

・アイコンの代わりに縮小版を表示する

・スクリーン フォントの縁を滑らかにする

 

 

●不要なアプリのアンインストール

 

不要なアプリに圧迫されて、パソコンが遅くなっていることも多いものです。

使っていないアプリは、思い切って消してしまいましょう。

 

アプリが減ると、パソコンが速くなるだけでなく、スタート画面がすっきりして作業もしやすくなります。

 

やり方は、こちらのサイトがわかりやすいと思います↓

Windows10でアプリをアンインストールする方法

 

※「よくわからないアプリ」は消さないほうが無難だと思いますよ。

 

 

 

②設定で早くする6つの方法

 

●スマホの音声入力を活用する

 

文字入力は、タイピングより音声入力のほうが遥かに速い。

ところが、パソコンの音声入力は誤変換が多くて使い物になりません。

 

そこでオススメしたいのが、スマホの音声入力

 

スマホとパソコンをつなげば、精度の高いスマホの音声入力を利用できます。

誤変換を修正したとしても、タイピングより速くなることが多いし、疲れもありません。

 

スマホとパソコンをつなぐための条件は、2つ。

・「Remote Mouse」というアプリでつなぐ(無料版で十分だと思います)

・同じWi-Fiに、パソコンとスマホがつながっていること

 

「Remote Mouse」の設定は、こちらのサイトがわかりやすいと思います↓

iPhoneからパソコンのマウス操作、キーボード文字入力でできちゃう!Remote Mouseを使ってみた

 

※音声入力だけなら、細かな設定は不要ですぐに使えます

※「Remote Mouse」はiPhone版・android版があります

 

 

●単語登録しておく

 

「珍しい名前」や「よく使う定型文」は単語登録しておくと、とても便利。

キャプチャ5

 

・「大阪紫陽花販売㈲」

・「いつもお世話になっております。○○商事の山田です。」

こんなのも単語登録しておけば、2秒で入力できます。

 

単語登録の作業も、「Ctrl」+「F7」を使えば5秒で出来ます

 

やり方は、こちらのサイトがわかりやすいと思います↓

IMEで変換できない漢字は単語登録を! [Ctrl]+[F7]のショートカットでも登録可能

 

 

●スリープ防止

 

パソコンが勝手にスリープしてしまう機能で、面倒なことになることも多いものです。

 

・トイレに行ってたら、スリープしてた

・ダウンロードが中途半端なところで中断された

などなど。

 

勝手にスリープしない設定にしておけば、そんな時間の無駄がなくなります。

 

やり方は、こちらのサイトがわかりやすいと思います↓

Windows 10でスリープ状態に移行するまでの時間を変更する方法

 

 

●自動アップデートの設定変更

 

自動アップデートは突然はじまり、勝手に再起動してしまいます。

「食事をしていたら、保存していないデータがすべて消えてしまった」なんてことも、少なからずあります。

 

それを防ぐには、「アクティブ時間」を設定しておけばOK。

アクティブ時間以外で再起動してくれるから安心です。

 

やり方は、こちらのサイトがわかりやすいと思います↓

Windows 10でWindows Updateの自動更新の設定を変更する方法

 

 

●復元ポイントの設定

 

・新しいアプリをインストールしたら、Windowsに不具合が出た

・Windowsのアップデート後に、アプリが使えなくなった

 

このような不具合がときどき起こりますが、素人の手には負えません。

「システムの復元」をするのが一番です。

キャプチャ6

 

しかし、「復元ポイント」を保存していなければ、復元することも不可能

ぼくも実際に、顔が青ざめてしまったことがあります。

 

というわけで、「復元ポイントの作成」は必ず設定しておきましょう。

 

やり方は、こちらのサイトがわかりやすいと思います↓

自動作成⇒Windows10 システムの復元ポイントを自動作成する方法

手動作成⇒Windows 10で復元ポイントを手動で作成する方法

 

 

●スナップの無効化

 

ウインドウを移動したら、突然「最大化」したり、「画面半分」に拡大したり。

この機能を「スナップ」と呼ぶそうです。

 

僕にとって、スナップ機能は「作業の妨害」以外の何者でもありませんでした。

「スナップは大きなお世話だ」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

スナップ機能は要らないという方は、設定で無効化してしまいましょう。

 

やり方は、こちらのサイトがわかりやすいと思います↓

Windows 10 スナップ機能を無効にする

 

 

 

③操作で早くする8つの方法

 

●入力ミスを再変換する裏ワザ

 

変換ミスって、ちょこちょこありますよね。

「田舎のギフトセット」が、「田舎の義父とセット」になっていたり。

キャプチャ7

 

こんなとき、「全消しして入力しなおす」という方が多いと思います。

 

実は、再変換できる裏ワザがあるんです。

「Ctrl」+「Back Space」

 

誤変換した直後なら、再変換できる状態に戻せます。

これを知っていたら、長文も安心して入力できますね。

 

 

●ページ内検索

 

サイトを見ていて、「営業時間はどこに書いてあるの?」とページを上下にスクロールして懸命に探すこと、ありますよね。

 

そんなときは、「ページ内検索」が便利。

「Ctrl」+「F」

そして、キーワードを入力すれば、一発で目的の情報にたどり着けます。

キャプチャ8

 

大幅に時間を短縮できるだけでなく、ストレスも溜まりません。

 

ページ内検索は、ウェブだけでなく、多くのアプリで共通の「Ctrl+F」。

覚えておくと便利ですよ。

 

 

●ショートカットキー

 

よく使う機能は、ショートカットキーで一発操作。

 

代表的なものは…

「Ctrl」+「C」=コビー

「Ctrl」+「V」=ペースト

「Ctrl」+「P」=印刷

 

自分に必要なショートカットキーを覚えておけば、サクサク仕事が進みます。

 

ショートカットキー一覧は、こちらのサイトが見やすいと思います↓

作業効率激変!仕事で使えるショートカットキー63選!(Windows編)

 

 

●計算はアドレスバーが最速

 

ちょっとした計算なら、ネットの「アドレスバー」に入力するのが一番早い。

電卓やスマホも不要です。

キャプチャ9

 

 

●読み方のわからない漢字の入力方法

 

「読み方がわからない漢字」の入力に、手間取ることも多いものです。

そんなときは、「IMEパッド」で手書き入力

 

「Ctrl」+「F10」

そして、「IMEパッド」を選択。

キャプチャ10

漢和辞典も不要で、あっという間に入力できます。

 

 

●瞬時にパソコンをロックする

 

トイレや休憩で席を離れるときに、画面を開いたままではセキュリティー上よくありません。

そうかといって、わざわざスリープやシャットダウンするのも面倒くさい。

 

そんなときは、これ↓

「Windowsキー」+「L」

 

パッと一瞬で、ロック画面に変わります。

時短になるだけでなく、ちょっと気持ちいいですよ。

 

 

●複数のウインドウを透明化するワザ

 

複数のウインドウを広げて作業をしているとき、デスクトップのアンコンが隠れてしまいます。

アイコンにたどり着くのに、いちいちウインドウを最小化しなければなりません。

キャプチャ11

 

そんなときは、これ↓

「Windowsキー」+「D」

ウインドウが透明化して、すぐにアイコンにたどり着けます。

 

元に戻すときは、もう一度「Windowsキー」+「L」です。

 

 

●一瞬でアプリを切り替えるワザ

 

複数のアプリを立ち上げているときに、一瞬でアプリを切り替え方法がこちら↓

「Alt」を押したまま「Tab」で選択。

 

実際にやってみると、その便利さがわかると思います。

 

 

☆☆☆

以上、パソコン作業を早くする方法17選でした。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(しあわせプロデューサー・ラッキー)

 

 

スポンサーリンク

この記事が役立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。