Special life data.

人気者の特徴と共通点

人気者の特徴と共通点


心理カウンセラー・ラッキー

「なぜあの人は、みんなから人気があるのだろう?」

「人気者になるには、どうしたらいいのだろう?」

そんな疑問を抱いたことが、誰でも一度はあると思います。

 

特別な人間だけが、人気者になれるわけではありません。

人気者だって、ごく普通の人。

ときにはワガママで、ときには落ち込み、ときには臆病にもなります。

 

ただ、ほんの少しだけ「普段の行動」が、人と違う。

 

というわけで、人気者の特徴や共通点を10こ集めてみました。

これらを実践することが、人気者になるための一番の近道になると思いますよ。

スポンサーリンク

 

人気者の特徴と共通点10選

 

01.異性と気軽に話すことができる

異性と気軽に話すことができる

 

同性・異性にかかわらず、分け隔てなく話をする人は、男チームと女チームのは橋渡し役。

そんな人のところに、自然と仲間は集まります。

 

なぜか?と言えば、「みんな 異性とお話したい」から。

その人に近くいにいれば楽しそうだし、異性と仲良くなれるチャンスも生まれるからです。

 

一方、同性としか話をしない人は、どうしても少人数で孤立しがち。

なかなか仲間も増えません。

 

人気者は、元々人気があるから、異性と話せるのではありません。

異性と気軽に話すから、だんだん人気が出てくるのです。

 

人気を上げるには、異性と話すことに慣れる努力も必要かもしれませんね。

 

 

02.笑い声が大きくて、ユーモアがある

笑い声が大きくて、ユーモアがある

 

人気者のいちばんの特徴は、笑い声が大きい。

そしてユーモアがある。

 

怒られたこと・腹が立ったこと・失敗談…、

人気者はどんなにネガティブなことでも、「ワハハ!」と笑いのネタに変えてしまう。

そんな華やかで明るいところに、「なんの話してるの?」と人は集まってきます。

 

また、ユーモアがある人は、「頭の回転が速い・心にゆとりがある・空気を読める」などの人間的魅力も感じさせます。

 

ここを読んで、「でも俺、ユーモアのセンスがないからなぁ」とガッカリされた方もいるかもしれません。

大丈夫!安心してください。

「ネタ帳」をつくれば、笑いのセンスは徐々に磨かれていくものです。

 

 

03.人気者は、好奇心・行動力がハンパない

人気者は、好奇心・行動力がハンパない

 

人気者は、好奇心が強く、いつもワクワクしています。

「みんなでバーベキューやろうよ!」

「新しくできたクレープ屋さん、もう行った?」

「富士スピードウェイのママチャリGPに出場しようぜ!」

 

人気者は、いつも友達を「誘う側」。

遊びでも、旅行でも、企画でも、常に中心にいるリーダー役です。

 

いつもワクワクしながら毎日をエンジョイしている人に、周りの人は心を惹かれます。

 

 

04.ありのままの自分を見せる

ありのままの自分を見せる

 

人気者は、ありのままの自分を臆することなくさらけ出します。

弱点・欲求・コンプレックスであっても、正直に話してしまう。笑われたって気にしない。

 

そこに「勇気がある人だ」「裏表のない人だ」という魅力が生まれてきます。

 

一方、ボロを出さないように自分を取りつくろったり、懸命に言い訳したりする人は、「器の小さい人だ」「プライドの高い人だ」という印象を与えてしまいます。

 

「完璧な人より、欠点がある人のほうが好かれる」

これを、心理学で「しくじり効果」と言います。

 

欠点を人に見せることは、「恥ずかしいこと」ではなく、「魅力的なこと」なのです。

 

 

05.視線を気にせず、楽しむ時はとことん楽しむ

視線を気にせず、楽しむ時はとことん楽しむ

 

人の目を気にして気取ったり、無関心を装う人は、残念ながら見向きもされません。

一方、人気者は「楽しむ時はとことん楽しむ」というスタンスです。

 

遊び・スポーツ・祭り・カラオケ・運動会…、視線を気にせず、いつも全力。

自分の役回りだと思えば、馬鹿なことだって引き受ける。

陽気で決して気取らない。だから、馬鹿も絵になります。

そんな姿が、周りの人の心を奪うのです。

 

自分で自分を笑えるような図太さも、人気者には必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

 

06.いちばん最初に発言する

いちばん最初に発言する

 

「何か意見はありますか?」

学校の授業でも、会社の会議でも、いちばん最初に発言する人は、たいてい人気者です。

たとえ、それが「くだらない意見」だとしても、気後れすることなく、とにかく最初に発言します。

 

一方、「絶対に最初に発言しない」「意見を求められてもウジウジしている」という人は、絶対に人気者にはなれません。

 

人気者に大切なのは、「発言の内容」ではなく、その人の「いさぎよさ」。

男であろうが女であろうが、いさぎよくない人は決して人気者にはなれません。

 

 

07.頼りになる人

頼りになる人

 

いざという時に、頼りになるのも人気者の役目。

人気者は、目上の人でも臆することなく会話ができます。

 

「わたしが校長先生に直接相談してみるよ」

「おれが上司にかけ合ってみるよ」

 

トラブルが起きてもパニックにならず、頼りになるのが人気者。

「強くても威張らないタイプ」と言ってもいいかもしれません。

 

いざという時に、「本当の優しさ」や「芯の強さ」を見せてくれるのも、人気者の共通点です。

 

 

08.話しかける回数が多い

話しかける回数が多い

 

人気者は、とにかく「話しかける回数」がハンパない。

 

とても単純な原理ですが…

「1日3回」しか人に話しかけない人は、人気者にはなれません。

「1日100回」も人に話しかける人は、だんだん人気者になっていきます。

 

人から話しかけられることは、誰だって嬉しいもの。

また、「雑談の量と親近感は比例する」という法則もあります。

 

「どんどん人に話しかけて、雑談の量を増やしていく」

これが、もっとも手っ取り早く人気者になる方法かもしれませんね。

 

 

09.人気者に必須!あだ名or呼び捨て

あだ名or呼び捨て

 

人気者は、まず間違いなく「あだ名」か「呼び捨て」です。

 

これは、あんがい大事なこと。

現に、ぼくの知り合いにも、「呼び捨てにしてくれ」とお願いしている人がいるほどです。

 

「くん」付け、「さん」付けでは、どうしても心の距離が縮まらない。

どこか、よそよそしい雰囲気になってしまいます。

 

「ニックネームで呼び合わない?」「呼ぶ捨てでいいよ」と、まずは身近な友達から、呼び方を変えてもらうと良いかもしれませんね。

 

 

10.人気者は感激屋

人気者は感激屋

 

人気者はみんな、感激屋で喜び上手。

「ありがとー!うれしい♪」

「マジで!すげー!」

「面白そうじゃん!行ってみようぜ!」

感激を体全体で表現し、その声が部屋中に響きわたります。

 

「喜び上手」は、誰からも愛されるための鉄板ワザ。

 

一方、感情を表にださない人は、他人から警戒されやすいと言われています。

これを、心理学で「警戒仮説」といいます。

 

感激を大きな声で表現することを、習慣にしてしまった方が絶対にお得ですね。

スポンサーリンク

 

人気者になれる顔

 

人気者に共通する、「福相」という顔つきがあります。

それは、生まれもっての顔つきではなく、自分でつくることのできる顔つきです。

 

福相の人は、普段から「笑顔の総量が多い人」。

笑顔の筋肉が発達して、頬の筋肉がプクッと盛り上がり、口角も上にあがります。

「ベースの顔が笑顔」と言ってもいいかもしれません。

 

そして、福相の反対が「貧相」。

笑顔の総量が少ないため、頬の筋肉が下に落ち、それに引っ張られ口角も下がります。

 

福相は人気者になれる顔つきで、貧相は人気者になれない顔つきです。

 

テレビに出ている売れっ子芸能人は、8割ぐらいが福相。

一度テレビで確認してみてください。芸能人と一般人の「福相度」の違いを。

 

福相になるためには、「笑顔の総量」を増やすこと。一人のときも、笑顔で筋肉トレーニングです。

一か月もつづけていれば、だんだん効果が表れてくると思いますよ。

 

 

人気者になるコツ・まとめ

 

最後に、「人気者になるために、やった方がいいこと」をまとめておきます。

出来そうなものがあれば、ぜひ実践してみてくださいね。

01.同性でも異性でも、分け隔てなく話をする

02.大きな声で笑う。ネタ帳をつくる

03.友達を誘う回数を増やす

04.ありのままの自分を見せる

05.視線を気にせず、楽しむ時はとことん楽しむ

06.最初に意見をいう

07.いざという時に、芯の強さを見せる

08.どんどん人に話しかけて、雑談の量を増やしていく

09.「あだ名」か「呼び捨て」で呼んでもらう

10.感激を大きな声で表現する

おまけ.いつも笑顔で福相にする

 

以上、人気者の特徴と共通点10選でした。

 

こんな記事もありますよ

好かれる人の共通点15選+鉄板ワザ1つ好かれる人の共通点15選+鉄板ワザ1つ

 

スポンサーリンク