Special life data.

人気者になる方法

人気者になる方法


心理カウンセラー・ラッキー

 

人気者になりたいあなた、

ぜひ人気者になってください!

 

なぜなら、人気者になると、毎日の生活が何倍も楽しくなるからです。

 

ワイワイ仲間が集まれば、それだけで楽しいし、いじめられる心配もない。

恋愛だって、今まで以上にうまくいくはず。

人気者というだけで、人生すべてが楽しくなります。

 

ここでは人気者になる方法を10のポイントにわけて、わかりやすく説明していきます。

人気者になるには、これらを実践するのが一番の近道。

気分一新、新しい自分に生まれかわる気持ちで読み進めてくださいね。

スポンサーリンク

 

人気者になる方法10選

 

01.とにかく、ガンガン人に話しかけよう

とにかく、ガンガン人に話しかけよう
 

「人に話しかける回数が多い人が、人気者になる」

この法則だけは絶対に忘れてはいけません。人気者になるための必須項目です。

 

クラスメイト・先生・食堂のおばちゃん…、

相手がだれであれ、毎日顔を合わせる人には、まんべんなく気さくに話しかける。

話題がなければ、挨拶だけでも、ハイタッチだけでもOK。

 

まずは、「今日も全員と話をするぞ!」ぐらいの勢いが大切です。

 

気さくに話しかけられることは、誰だって嬉しいもの。声をかけることに臆病になる必要はありません。

また、自分から話しかけると、「人間関係で主導権を握れる」という利点もあります。

 

一方、話しかけられるのを、じっと待っている人は、人気者とは程遠い。

会っても話しをしないということは、「あなたには興味がありません」という無言のメッセージになってしまいます。

 

人気者は、「先手必勝!自分からガンガン話しかける」と覚えておけば大丈夫です。

 

 

02.異性とも気さくに話せるようになろう

異性とも気さくに話せるようになろう

 

「異性と気さくに話す」ことさえできれば、自動的に人気者になっていきます。

なぜなら、「気さくに話せる人」のところに、異性が集まってくるからです。

 

そして異性が集まるところは、華やかで楽しそうだから、同時に同性までも集まってくる。

そうなれば、もうすでに人気者です。

 

とはいっても、明日から突然異性と話しはじめるというのは、やはりハードルが高いですよね。

ただ、こればっかりは「慣れる」しかないんです。ホントに。

 

最初は、ほんの少しからでも構いません。些細な会話でいいのです。

異性との会話量をふやすのを、修行だと思ってがんばってみてくださいね。楽しい修行になると思いますよ。

 

 

03.ありのままの自分をさらけ出そう

ありのままの自分をさらけ出そう

 

周りの目を気にして、気取ったり、カッコつけたり、無関心を装ったり…。

プライドが高くて格好ばかりつけたがる人は、見向きもされません。

 

人気者になるために必要なのは、カッコつけることではなく、「ありのままの自分をさらけ出せる勇気」です。

 

・スポーツもカラオケも、常に全力。笑われたって気にしない

・失敗談やちょっと恥ずかしい話も、すべて笑いに変えていく

・自分の欠点・コンプレックス・欲求も、洗いざらい話してしまう

 

そんないさぎよい人を、周りの人は「勇気ある人・正直な人」として認めます。

「感じのいい人だ」という安心感も生まれ、気軽に話しかけてもらえるようにもなるはずです。

 

 

04.あだ名かよび捨てで呼んでもらおう

あだ名かよび捨てで呼んでもらおう

 

人気者になるには、「あだ名」か「よび捨て」にしてもらうのが意外と効果的。

仲間意識が強くなり、人と人との距離感がグッと縮まります。

 

一方、「さん付け・くん付け」のままだと、どこかよそよそしい空気感が漂ってしまいます。

 

まずは、身近な友達に、「よび捨てにして」と頼んでみるのがベスト。

あとは、呼び名がみんなに浸透するのを待つだけ。

ほとんど努力が要らないことだから、やって損はないと思いますよ。

 

 

05.エネルギッシュさを表現しよう

エネルギッシュさを表現しよう

 

人気者はみんな、エネルギッシュでパワフル。

それは体力の問題ではなく、大切なのは「気力」です。

 

気力をみなぎらせるには、形から入るのが賢いやり方。

つまり、「エネルギッシュなフリ」から始めればOKです。

 

・部屋中に聞こえるくらい大きな声で笑う

・もりもり食べて、がぶがぶ飲む

・「マジで!すげー!」「サンキュー!うれしー♪」と全身をつかって大きなリアクションをする

 

人間は不思議なもので、元気なフリを続けていれば、本当に元気でたくましくなっていくもの。

「めんどくさいなぁ」と思うときでも、「いっちょやるか!」「おれも行く行く!」と言葉を変えるだけで、本当にその気になっていきます。

 

人気者と同じような、エネルギッシュでパワフルな自分に生まれ変わるには、「エネルギッシュなフリ」から始めるのが一番です。

スポンサーリンク

 

 

06.企画を立てて、友達を「誘う側」になろう

企画を立てて、友達を「誘う側」になろう

 

人気者になるための手っ取りばやい方法は、企画を立てること。

 

遊び・合コン・旅行・忘年会・カラオケ…、

なんでもいいから、とにかく企画を立てて「友達を誘う側」にまわることです。

 

企画を立てた人は、自然と「仲間の中心」になることができます。

必然的に、話しかけてもらう回数も増加。

「頼りがいがある」という好印象を与えることもできます。

 

一方、「いつも誘われる側」の人は、言い方は悪いですがコバンザメ的存在。

人気者とは真逆の存在になってしまいます。

 

「どうしたら人が集まるか?」を考えて、友達を誘う回数を増やしていくことが大切です。

 

 

07.ネタ帳をつくって、笑いを趣味にしよう

ネタ帳をつくって、笑いを趣味にしよう

 

人気者に必要な才能。それは「ユーモア」です。

おもしろい人は、古今東西・老若男女問わず、必ず人気者になります。

 

ただ、ユーモアには、「頭の回転のよさ」と「想像力」が必要。

でも大丈夫!いい方法があるんです。

 

それは、「ネタ帳」をつくること。

・身近で起きたハプニング

・街で見かけたおもしろい人や看板

他にも、お笑い芸人のネタをアレンジしたり、自分の失敗談を面白おかしく書き留めたり。

ときには、漫才をみて、間のとり方を研究したり。

 

そんなことを続けていると、不思議なもので、徐々にお笑いセンスが磨かれてくる。

脳の思考回路が「お笑い向き」に変化してくるのです。

 

いっそのこと、お笑いを自分の趣味にしてしまってもいいかもしれませんね。

 

お笑いに関しては、こんな記事も書いています。あとから、ぜひ覗いてみてください↓

【お笑い技術・まとめ23】ボケの種類、ツッコミの種類

 

 

08.行動力をマックスまで上げて、話題づくりをしよう

行動力をマックスまで上げて、話題づくりをしよう

 

先にもお話しましたが、人気者は「会話の量」が何より大切です。

 

しかし、話題がなければ、会話は続きません。

たくさんの人と雑談するには、幅広い話題も必要です。

 

では、どうしたらいいのか?

とにかく「行動力を上げる」ことです。

 

ショッピング・映画・カラオケ・スポーツ・マンガ。

他にも、最新情報を知るために、ファッション雑誌やネットニュースもチェック。

もちろん、人気お笑い番組は見逃さない。

 

人間は面白いもので、経験したこと・面白い情報は、人に話したなってウズウズします。

つまり、行動力を上げれば、自然と会話量も増えていくのです。

 

家で、じっとしていては絶対にダメ。

とにかく行動量を増やして、「経験と情報」を蓄積していきましょう。

 

 

09.ウジウジするな。いさぎよくなれ!

ウジウジするな。いさぎよくなれ!

 

男であろうが女であろうが、「いさぎよくない人」は決して人気者にはなれません。

 

「俺だって いざとなれば!」といくら思っていてもダメ。

普段の生活の中で、「小さないさぎよさ」を見せることが大切です。

 

・自分に非があれば、いさぎよく謝る

・口ゲンカになっても後腐れを残さない

・授業でも一番最初に手をあげて意見をいう

 

いつまでもネチネチと恨みごとを言うタイプや、意見を求められてもウジウジしてしまうタイプは、人気者とは程遠い。

竹を割ったような清々しい性格は、男からも女からも好かれるものです。

 

 

10.不潔は致命傷。清潔感は人気者の絶対条件

不潔は致命傷。清潔感は人気者の絶対条件

 

人気者になる努力をいくら重ねても、「不潔」というだけで、すべてが水の泡。

ごくごく当たり前の話ですが、どんな人でも、不潔な人の近くにはいたくないのです。

 

最低でも、「髪・指先・靴」の三先端は清潔に保つこと。

できれば、シワのない服装・カバンと机の中は整理整頓。

ちゃんとハンカチを持っている人も、清潔なイメージになります。

 

カッコをつける必要はありませんが、清潔感だけは絶対に忘れてはいけません。

スポンサーリンク

 

人気者になりたい人への注意事項

人気者になりたい人への注意事項

 

最後に、人気者になりたい人が犯しがちな「よくある間違い」をご紹介しておきます。

 

人気者になりたい人は、ついつい「自分をよく見せたい」「凄いと思われたい」と考えがち。

そのため、自分の話ばかりしたり、自慢話や大げさな話が増えてしまったり。

ひどいと、「俺は昔は悪かった」と武勇伝を語りだす人もいます。

 

そんなんでは、嫌われ者への階段を、全力で登るだけの逆効果です。

 

では、どんな会話をすれば、人から好かれるのか?

 

 

自分の話ではなく、相手の話を盛りあげよう

 

人に好かれるための鉄板の会話術。

それは、自分の話ではなく、「目の前の相手の話を盛り上げていく」こと。

 

一流の人気芸能人を思い浮かべてください。

たとえば、さんまさん・タモリさん・浜ちゃんも、自分のことはほとんど話しません。

つねに、目の前の相手の話を盛り上げていきます。

 

「えー!マジで!」

「それからそれから?」

「へーっ!そんな事もあるんだ」

というように、盛り上げ役に徹する人は、それだけで好かれるもの。

 

自分を大きく見せる必要は、これっぽっちも無いのです。

 

話し上手は、聞き上手。

聞き上手とは、目の前の相手の話を盛り上げていく人です。

 

 

人気者になる方法・まとめ

 

最後に、人気者になる方法をまとめておきます。

ぜひ、実践できそうなものから始めてみてくださいね。

01.とにかく、ガンガン人に話しかけよう

02.異性とも気さくに話せるようになろう

03.ありのままの自分をさらけ出そう

04.あだ名orよび捨てで呼んでもらおう

05.エネルギッシュさを表現しよう

06.企画を立てて、友達を「誘う側」になろう

07.ネタ帳をつくって、笑いを趣味にしよう

08.行動力をマックスまで上げて、話題づくりをしよう

09.ウジウジするな。いさぎよくなれ!

10.不潔は致命傷。清潔感は人気者の絶対条件

注意事項:自分の話ではなく、相手の話を盛りあげよう

 

以上、人気者になる方法10選でした。

 

 

スポンサーリンク